Find

[flickr_highslide set=”Find”]
“The 2011 off the Pacific coast of Tohoku Earthquake” was so painful and left a scar on my mind. After that day I had been watching a lot of sad news on the TV and I decided “I should do something”. However photography is so helpless because it can’t help people. But I was looking for something as a photographer.

I made this series using just a scanner and a computer.Turned off the all lights while shooting for just five minutes. As known as “save electricity photography”.

I want to find out what I can do for someone.
And I want victims to find out their hopes.

I believe we’ll be able to find the lights, even in the dark.

 

2011年3月11日に起こった 「東北地方太平洋沖地震」は、私には大きな痛みをもたらす経験だった。震災後、毎日ニュースから流れる惨状を目にするうち、いつしか 『私も何かしなくては』という脅迫観念にも似た感情が起こった。しかし、写真というのは無力なものである。写真で人の命は救えない。しかし、私は”写真家”としてできる事をずっと探していた。

5分のタイムリミットを決め、部屋中の照明を全て消し、スキャナーとPC のみで制作したシリーズ。別名『節電写真』

”無力な自分にできる事を見つけたい” ”被災者の人々に希望を 見つけて欲しい”
私たちはどんな暗闇の中でも光を見つけられるだろう。